笑っていればなんとかなる

アラサーの婚活ブログっぽくなってます

婚活アプリを始めたら1ヶ月で彼氏ができた件

タイトルだけ見ると婚活情報サイトの記事かな?というこれまでと全く毛色が違う記事です(笑)一番驚いてるのは自分自身。

 

6月半ばに、久しぶりに会った大学時代の友人に勧められ、軽い気持ちで婚活アプリを始めた。
あまり期待はせず、まずは男性と多く会うことから始めて、見る目を養おうくらいの気持ちで続けていたのだが、なんと、1ヶ月でおつきあいに繋がる出会いがあった。

利用したのは「with」というアプリ。メンタリストのDaiGoさんが監修しており、心理テストが充実しており相性の良い相手を見つけやすいのが魅力である。以前、最大手の「pairs」を利用していたことがあったが、嫌になりすぐやめてしまった。

今回も3日経ったくらいに同じ嫌悪感に襲われやめようとした。
理由は、相手を顔で判断する自分に嫌気がさしたからである。
私は、子どもの頃からアイドルが好きないわゆるジャニオタなので、顔が良い男性は大好きである。しかし、自分の容姿には自信がなく、「美男は美女とくっつくもの」という偏見が身に染みついているので、顔が良い男性は自分にふさわしくないし振り向いてもらえないという思い込みに囚われている。


だから、顔ではなく中身をしっかり見ようと決めていた。最初はまんべんなくチェックできていたが、いつの間にか顔が一番の判断材料になっていた。写真が気に入ったらプロフィール詳細を見る。気に入らなければスルー。
正直、婚活アプリはこういうものだ。だから、ネットで活用法を調べると、写真に気合を入れろと書かれている。みんな、メインの写真を見て判断するからだ。
それは分かっている。分かっているんだけど、そんな自分が嫌になってしまっていた。
街コンや紹介で出会っていれば顔をそこまで意識しなくて済むんじゃないか・・・
結果的には、もうえり好みしてしまえ!と開き直り、顔で選ぶことにしたのだが(笑)

ゆるゆると続けたことで良い出会いがあったわけだが、そこに至るまでに変な人にも遭遇した。

マルチ商法疑惑の男性
メイン写真はディズニーに行った時の笑顔の写真。サブ写真も旅行先で撮影されたと思われる風景の写真。プロフィールはある程度記載されていて、大方問題ないように思えたのでマッチングした。
メッセージの1文が少なく、やり取りする気があるんだろうかと少し疑問ではあったが、違和感はなかった。仕事の話になり、プロフィール中で唯一気になった点を指摘してみた。20代前半にして自営業。
返ってきた答えは「リゾートライフアドバイザー」だった。(詳しくはアムウェイを調べてみればわかります)私に売りつける目的はなかったのかもしれないが、リスクが大きいためブロックしてしまった。


②写真詐欺疑惑の男性
メイン写真は爽やかな感じで、仕事は自営業ではなく、問題ないように思えたのでマッチング。メッセージのやり取りも好感触だったので、LINE交換の申し出に応じた。
ID検索してアイコンを見た瞬間、思考が停止した。

「顔、ちがくね・・・?」
多少、写真を盛るのはよくあることだとは聞いてたけれど、これ、あまりにも違わないか?というか別人なのでは??と混乱する脳内。

結果的には、不信感が強くなってしまったのでブロック。

そのほかの人はメッセージが向こうから切られたり、私から切ったり。
7月頭に今の恋人とマッチングした。
惚気話になってしまうが、見た目がど好みである。大学時代にパンフレットに掲載されたり、都内で事務所やホストにスカウトされるくらいにはイケている。
それはもう、私の卑屈な心が顔を出す。
生きてきた道のりも違っていて、クラスで出会ってたら近寄らなかったね、とお互いに話すくらい(笑)今でもなんで一緒にいれるのかよく分からないんだが、自然体でいられて言いたいことを言えるからなんだと思う。特に需要もないと思うので、惚気話はこの辺にしておく。

まさかアプリでそんな人に会えると思ってなかったから、何事もやってみることが大切だと教えられた。人生、何が起こるか分からないものだ。人に話せるほど天真爛漫な人間ではないので、たまに恋愛ネタを書くと思うが、読みたい人だけ読んでほしい(笑)