笑っていればなんとかなる

ネガティブで頭でっかちなアラサー女が楽しく、ときどき真面目に生きるをテーマにつづります。

推しとの接近戦を乗り越えて

こんにちは。先週、風邪をひきましたが葛根湯と睡眠で自力で治しました。一気に寒くなって、今はお昼はあったかいけど、まだ夜は肌寒いです。早くあったかくなって、薄着がしたい!

私はオタクなのですが、昨日、推しとの接近戦がありました。接近戦というのは、名前の通り、推しと対面でお話なんかができてしまうイベントです。このブログについては、オタクブログにする予定はないので、推しの名前は書きませんが、もしかしたら後々書くかもしれません。(過去記事に書いてるかもしれないが)

約4年ぶり、3回目の接近戦でした。接近戦は、何回行っても慣れないです!だって目の前に推しがいるんだもの、普通でいられるわけはない。割とお話できるという情報を耳にしたので、脳内で何回もなんて言おうかシミュレーションしたり、新しいメイク道具を買ったり、何を着ていくか悩んだり、、、かなり気合いを入れて臨みました。

夢のような時間だった!言いたいことも言えたし、言ってもらいたかったこともリクエストしたら応えてくださったので、本当に幸せでした。

 

人によって、推しの存在意義は異なるかと思います。純粋に憧れている、見た目が好みだから好き、お芝居やパフォーマンスが好き、中には恋愛感情を抱いていて、認知されてあわよくば…なんて思っている方もいると思います。

私にとって、今の推しは「応援していると誇りを持って言える」存在であり、「少しでも近づきたい」存在です。後者については誤解されそうですが、別に推しと物理的に距離を縮めたいわけではありません。推しは、とにかく仕事に対してストイックです。仕事を選ばないし、強いこだわりを持っているし、目の前にして仕事の話をしているのを見ると、心からそう思ってるのが伝わるのです。そして、結果を出して人気を獲得しています。私もそうなりたいと思うんです。

推しには到底およばないとは思いますが、自分なりに、自分が満足するところまで頑張ってみたいと、今の推しに出会って、6年ほど応援させてもらって、思えるようになりました。

その一環として、このブログも始めたところがあります。私は、書くことが好きな方だと思っていて、仕事にできないかと思ったけど、でも、継続的に文章を書くことをやってこなかったから、仕事にはできないのではないか、などとずっと悩んできました。ずっと自問自答してきたけど、答えを出すには「とにかくやってみるしかなくね?」と思い、ブログを継続的に続けることを目標に掲げました。

しばらくは、余韻に浸ったまま、頑張れそうです!一番怖いのは中だるみだ…。

推しがいるって、幸せだ!(無理くり締め)